FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/07

8月5日 「告白」を読みました

お勧めブログ紹介

第5位 ねじを巻け、そして服を脱げ。
このブログの中の人は松坂世代らしいので、俺と同世代な気がします。
読み応えがあって、文章力が半端ないです。おすすめです。

↓をクリックすると5位に出てきます。
人気ブログランキングへ

告白を読み終ったので、感想文を書こうと思います。

この本は、松たか子主演で映画になってて、映画の宣伝はたまに見ることがあったので気になってました。よく行く本屋で、お勧めって書いてあったので買うことにしました。

本の内容は↓の通りです。
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!“特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』。

読み出したらどんどん引き込まれて、一気に読んでしまいました。それくらい面白かったです。

一番初めの章は、ホームルームで先生が生徒に一人で語り続けるってシーンが続くんだけど、読んでると松たか子がしゃべってるイメージが再生されました。

語り手がどんどん変わって、ちょっとずつ事件の全体像が分かってくるって構成になってるんだけど、この構成が素晴らしいと思う。いろんな人の視点から徐々に分からなかったことが分かってくる感覚が心地よくて、どんどん先に読み進めてしまうんだと思いました。ストーリーも先を知りたいって内容だしね。

最後に先生の復讐が完結するんだけど、かなり爽快だし、納得のいく結末だと思いました。

面白い本を読むことができて、ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。

明日も読みたいと思ったらクリック↓
人気ブログランキングへ



読書日記ブログを作ってみました。今まで、このブログで書き溜めた、読書感想文をまとめようと思います。そのうち、あっちのブログ独自の読書感想文とかも書いていきたいと思います。暇なら見に来てください。
丸の内で働くサラリーマンの読書日記

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。