FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/13

ボランティア

3月11日が過ぎて震災から5年がたった。私は直接被災したわけではないが、震災後の混乱で仕事が超激務になったことが精神を病んだ一つの原因となっている。地獄を見た5年間を思うと感慨深い。

前からボランティア活動をしたいと思っていたがなかなかできていない。違う世界を経験するためにも本気でボランティアをしようと思って探してみた。病んでる人の話を聞くってボランティアがあったので応募しようと思ったけど、ほとんどの相談員が10代〜20代の女子で、相談内容も半分以上が恋愛話だった。

地獄を見たおっさんの話なんてあんまり需要がなさそうだと思って登録をやめた。そこでふと思ったんだけど、自分の経験はきっと誰かの役に立つと思う。ギャンブルで借金を作ってどん底から這い上がった経験、激務とパワハラで鬱に追い込まれた経験はきっと役にたつ。あと禁煙にも成功してるし。

ボランティア団体に登録しなくてもこの経験を個人的に社会に還元できると思った。例えば2chの禁スロスレとかでアドバイスしてみるとか。

やれることからやっていこうと思う。ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。
2016/03/11

アンソニー・ロビンズの自分を磨く2

引き続きアンソニー・ロビンズの自分を磨くを読んで実践してます。
今回の課題は自分にとって大切な物、優先すべき物を明確にすること。

付箋を使って↓のような感じに優先順位付けをしてみた。
人生で大切にしたいもの
IMG_0939.jpg

情熱を持って、成功すること、冒険も少々、こんな感じのことを求めてるんだと思う。

何があっても回避したい感情・状態
IMG_0940.jpg

回避したいのは、屈辱・憂鬱・拒絶。やっぱりパワハラで鬱直前まで追い込まれたことが尾を引いてるんだろうな。あんな状態には二度となりたくない。後、孤独は全然苦にならない。

徐々に核心に迫ってきた感じがする。これで素晴らしい人生が手に入るかもしれない。ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。
2016/03/08

アンソニー・ロビンズの自分を磨く



「アンソニー・ロビンズの自分を磨く」を読んでいる。
「やる気の出る信念」と「やる気のなくなる信念」を書き出すという項目があったので実践してみた。

【やる気の出る信念】
・やればできる
・必ず成功する
・自分はできる人間だ
・論理的な人間だ
・ついてる
・世界を変えられる
・自信に溢れている

【やる気のなくなる信念】
・どうせダメだ
・自信がない
・普通が一番
・どうせ失敗する
・どうせ勝てない
・頭の回転が遅い
・議論に負ける

やる気のなくなる信念は今までの人生でいろんな奴から植えつけられてしまっている。
この本によると、古い信念を新しい信念に書き換えるといいらしい。

どうせダメだ
→できるまでやり続ける。
  できることにフォーカスしよう。

自信がない
→プレゼンの時などもっと準備しよう。
自分を信じよう。相手も大したことないはず。

最近は学術的な本以外を読んでなかったけど、こういう自己啓発本を読むとモチベーションが上がって面白い。ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。
2016/03/06

食品等輸入届出書

【起業】
今やろうとしているビジネスの一環で輸入食品の販売をしようと思っている。何度か個人用で輸入したことはあるんだけど、販売するためには厚生労働省に届出書を出さないといけない。届出書を書こうとしているんだけど、素人には難しいのでいろんなサイトを見て勉強しながら書いている。仕入先はアメリカなのでそのうち総代理店みたいな立場になりたいと思っている。

ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。
2016/03/02

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由



最近、読書のペースが上がっている。ブックオフで買った起業家の本を読んでみた。今までは成功した起業家の本を読み漁ったていたが、この本は大失敗した起業家の話。

急成長して上場して絶好調だったのにリーマンショックの影響をもろに受けて400億円の負債を抱えて会社をたたんで、どん底を体験してそこから再起するまでが描かれている。

最初は理想や夢のために働いて会社を大きくしていったが、いつの間にかお金の工面に奔走することになる。経営破綻して全てを失った後にこんな一節がある。

『 お金とは、一体何なのだ。ー中略ー
 金に振り回されてはいけない。銀行に振り回されてはいけない。そんなことはわかっていたつもりだ。でも、私は結局、金に振り回されて破綻した。
 ほんの1年半ほど前には「東証一部上場を目指すんだ」と息巻いて「1億円なんてすぐに稼げる」と豪語していた私が、今は1万円の生活費に窮している。情けなく惨憺たる状況だが、それが「金」の現実だ。』

私もこれから経営者になっていくのでお金との関わり方をよく考えたい。お金を追い求め出すと道を誤るんだろう。お金は必要だが目的じゃない。正しいことをしてればお金は後から付いてくる。

ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。