FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/29

2月27日 エルピーダ破綻

人気ブログランキングへ

ついにエルピーダが経営破綻したね。エルピーダ没落の背景にはいろんな要因があると思うけど、一番の原因はサムスンとの体力勝負に勝てなかったってことだと思います。

DRAMの開発で競争力を保つためには巨額の設備投資が必要で、サムスンはDRAM以外で稼いだ金をDRAMに投資してそれを赤字で売って競合が死に絶えるのを待ってるのに、6重苦を抱えてDRAMしか稼ぐすべがないエルピーダが勝てるわけがなかったと思う。サバイバルに生き残ったサムスンは利益を出せるんだろうか。今後が気になります。

DRAMみたいなコモディティ化した安物をさらに安く作るってのはもはや日本企業の戦い方じゃないんだろうな。高くても売れるものを追求するか、日本企業であることをやめて外に出るか、中国・韓国企業の参加に入るか、生き残るためには何かしないと行けないんだと思います。

いろいろ考えることができたので、ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。

人気ブログランキングへ

ブログランキング


2012/02/27

2月26日 ニューヨーク・タイムズを読み始めた

人気ブログランキングへ

日曜日もずっと家にいました。読書をしたりDVDで映画を観たり英会話をしたりしました。骨折ってからずっと髪切ってなくてロン毛になってきてたので、近所のヘアサロンwに行きました。高かったけどイケメンになった気がするのでツイてる。

英語の勉強が楽しくなってきたので、英会話だけでなくリーディングの勉強もすることにしました。iPhoneにニューヨーク・タイムズのアプリを入れてて今まで全く使ってなかったんだけど、これからは最低一日一記事読むことにしました。

これでリーディングの勉強もできるので、目標のTOEIC800点にまた一歩近づけることができた。ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。

人気ブログランキングへ

ブログランキング


2012/02/26

2月25日 オンライン英会話

人気ブログランキングへ

土曜日は一日中家でごろごろしてました。ネットしたり勉強したりテレビ観たり昼寝したり。ごろごろするのも幸せですな。

Skypeでの英会話は順調に続けてます。ほぼ毎日一回は先生とお話ししてます。先生が可愛くて楽しすぎる。フィリピンパブにハマる人の気持ちがわかるぜ。

最近の課題は時制に気をつけることです。過去形とか現在完了形とか進行形とか、時制の使い分けが全然出来ない。先生にも何回も直されてます。英文法なんて受験勉強の時に死ぬほど勉強したしさ、今も頭では分かってる自信があるんだけどアウトプットできるレベルになってない。日本の英語教育が間違ってると思うな。インプットも大事だけどアウトプットを教えるべきだと思います。

とにかく課題が明確になってきたのでツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。

人気ブログランキングへ

ブログランキング


2012/02/25

2月24日 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

人気ブログランキングへ

金曜日なので仕事が終わったあと映画を観に行きました。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観ました。

【内容】
2005年に発表され、「9・11文学の金字塔」と評されたジョナサン・サフラン・フォアによるベストセラー小説を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9・11テロで最愛の父を亡くした少年オスカーは、クローゼットで1本の鍵を見つけ、父親が残したメッセージを探すためニューヨークの街へ飛び出していく。第2次世界大戦で運命の変わった祖父母、9・11で命を落とした父、そしてオスカーへと歴史の悲劇に見舞われた3世代の物語がつむがれ、最愛の者を失った人々の再生と希望を描き出していく。脚本は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のエリック・ロス。オスカーの父親役にトム・ハンクス、母親役にサンドラ・ブロックらアカデミー賞俳優がそろう。

【感想】ネタバレ注意。
俺も学生時代に父親を亡くしているのでこういう親子の話はあらすじ読むだけで泣けてきます。父親の死を受け入れられない子供が父親のクローゼットで一本の鍵を見つけて、少ないヒントの中からこの鍵にあう鍵穴を探す計画を建てる。この計画の中でいろんな人に出会い、父親との思い出が回想される。メインはこの少年の冒険なわけだけど、ラストで明らかになる、この冒険の裏にある事実を知った時に涙が止まらなかった。これは少年の物語でもあるけど、それ以上に、夫を無くした妻、一人で子供を守る母親の物語なんだと思う。哀しいけど暖かいいい映画でした。

いい映画を観ることが出来て、ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。

人気ブログランキングへ

ブログランキング


2012/02/25

2月23日 スペースカウボーイ

人気ブログランキングへ

TSUTAYA DISCASから来てたスペース カウボーイを見ました。

【内容】

なんてムチャな宇宙飛行だ!
4人のベテラン俳優が命懸けの旅に出る。


心身共に鍛え抜かれた優秀なテストパイロット・チーム“チーム・ダイダロス”。しかし土壇場いなって、彼らの宇宙へ行く夢は絶たれた。それから40年、再び彼らにチャンスが巡ってきた。

クリント・イーストウッドの監督22作目、主演42作目となる本作は、トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド、ジェームズ・ガーナーというベテランスターが名を連ねた、ワクワクするようなSFアドベンチャー。4人は、故障して軌道から外れ、地球に脅威をもたらすおそれのあるロシアの旧式通信衛星を修理すべく、チームを再結成する。まさに“最も優れた資質を兼ね備えた”(ウォールストリート・ジャーナル)スペース・カウボーイたちが、不屈の精神とユーモアと勇気を胸に、いま飛び立つ。

【感想】
夢を捨てきれないおじいちゃんたちが頑張って宇宙に行くっていうストーリーはわくわくして面白いんだけど、内容がチープ過ぎるきがした。宇宙飛行士になるための訓練なんかもっと厳しいだろうし、スペースシャトルを飛ばすためのオペレーターはもっと多いはずだし、宇宙船を飛ばすってのは国家的なプロジェクトだと思うけど、2,3人の偉い人の判断で進められてて現実感がない。そう言うのを求めなければまあまあ面白いと思う。

監督と主演がクリント・イーストウッドなんだけど、イーストウッドは年とってもかっこ良くて見ごたえがある。淡々と事実を積み重ねていくって感じがイーストウッドの映画っぽいんだけど、SFには向かないと思う。もっと迫力ある派手な感じの内容を期待してたので残念。

足骨折中なので家で映画ばっかり見てます。こんなにいっぱい映画を観ることができる時期ってのはめったに無いので、ツイてるなあ。幸せだなあ。満たされてるなあ。ありがたいなあ。

人気ブログランキングへ

ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。